フェストーネおすすめ観光スポット
ロピカルビーチ 宜野湾海浜公園屋外劇場 沖縄コンベンションセンター
沖縄美ら海水族館 DFSギャラリア・沖縄 アメリカンビレッジ(北谷町)
宜野湾港マリーナ 首里城 沖縄県立博物館・美術館

 

首里城

首里城は、琉球王国の統一(1429年)から、廃藩置県による王朝崩壊(琉球処分 1879年)に至るまで、国王の居城として栄えました。
標高130メートルの丘陵地に築城されたこの城は、旧都・浦添や海外貿易の拠点であった那覇港を一望することができ、軍事面も含め地勢の優れた場所にあります。
1945年の沖縄戦と戦後の琉球大学建設で破壊されたのち、1958年に守礼門が、1992年に正殿や城壁が復元されました。
2000年には「首里城跡」として世界遺産に登録されています。(復元された建物は世界遺産には含まれません)


首里城01 首里城02
写真左:首里城と守礼門、写真右:首里城正殿

北京の紫禁城をモデルにしたといわれる正殿をはじめ、首里城には当時の中国文化の影響が色濃く反映されています。
正殿をはじめとする城内の各施設は、西を正面としていることから、明(中国)への恭順を示していると考えられています。
門や建築物は漆で朱塗りされており、屋根瓦には赤瓦、各部の装飾には国王の象徴である龍が多用されています。
正殿の前には、御庭(うなー)と呼ばれる広場が設けられており、それを取り囲むようにして行政施設である北殿、儀礼などに用いられた南殿、御庭への入り口となる奉神門が建てられています。
薩摩藩の接待のために使われた南殿のみ和風の意匠が用いられています。


首里城03 首里城04
写真左:外国の使者を迎えた入り口である守礼門、写真右:歴代国王が葬られた玉陵(たまうどぅん)

首里城は、「察度」が造営し、「尚巴志」が大増改築・整備するなど王宮の基礎を築き、「尚清」によって完成されたと言われています。
琉球処分がおこるまでの約500年間、王宮としての歴史を飾ってきました。
この500年の歴史は、察度王から第一尚氏の時代が第1期、第二尚氏時代初期が第2期で、薩摩の侵略を受けたのはこの第2期にあたります。

当時、琉球人はアジアを中心に世界中で交易を行い優秀な商人として認知されていました。
今から約600年前に書かれた『東方諸国記』(ポルトガル人のトメ・ピレス著)では、この琉球人について詳しく触れています。ポルトガル語の発音で琉球は『レキオ』、琉球人は『レキオス』と呼ばれています。現在、この「レキオ」という呼称が琉球を誇りに思う意味でよく聞かれます。世界的な古書に、紹介された先人たちへの畏敬と憧憬がこの言葉には込められています。
因みにこの「琉球」の名付け親は「中国」、リュウチュウ「小さな龍」という意味だそうです。音のみが継承される一方、表記は現在の「琉球」にたどりつくまでに何度も変化を繰り返してきました。

琉球王朝文化が隆盛を極めたのは第4期、その約230年の間にはペリー提督の来城や琉球処分もあり、歴史の過渡期にもなりました。


首里城05 首里城06
写真左:周辺を見下ろす丘の上にある正殿、写真右:広福門

現在、首里城周辺は首里城公園として整備されています。1月下旬~2月上旬には緋寒桜(ひかんざくら)が咲き誇り、花見の名所として多くの人が集まります。
首里城公園新春の宴(1月)、首里城公園中秋の宴(9月)、首里文化祭(11月)など、琉球王朝の時代を再現するイベントが行われます。


首里城07 首里城08
写真左:琉球王朝の聖地である園比屋武御嶽石門、写真右:首里文化祭(11月)の古式行列

南国の海と空を楽しむとともに、琉球独特の文化と歴史に触れることも沖縄観光の魅力です。沖縄を訪問された際は、ぜひ首里城にも足をお運びください。

→首里城について、、さらに詳しくはこちらへ
    ・首里城公園(国営沖縄記念公園)
    ・首里城(Wonder沖縄)

 

健康文化村 カルチャーリゾート フェストーネ
〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜3丁目28番1号 TEL:098-898-1212  FAX:098-898-1733
URL: http://festone.jp E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい
Booking engine provided by Rakuten Travel
Copyright (c) 2006 Culture Resort Festone All Rights Reserved.