フェストーネおすすめ観光スポット
ロピカルビーチ 宜野湾海浜公園屋外劇場 沖縄コンベンションセンター
沖縄美ら海水族館 DFSギャラリア・沖縄 アメリカンビレッジ(北谷町)
宜野湾港マリーナ 首里城 沖縄県立博物館・美術館

 

沖縄県立博物館・美術館

2007年11月、那覇新都心おもろまちに沖縄県立博物館・美術館がオープンしました。
首里城近くにあった沖縄県立博物館の新設移転に伴い、沖縄県では初めての県立美術館も併設され文化施設としてより充実したものとなりました。

沖縄県立博物館・美術館 外観 沖縄県立博物館・美術館 エントランスロビー
写真左:施設の外観。写真右:広々としたエントランスロビー。

沖縄の城(グスク)をイメージし、琉球石灰岩を使用した白亜のモニュメントは那覇新都心の新しいランドマークとなっています。

地上4階地下1階、延べ床面積約24,000㎡の館内には、博物館と美術館のほか、ミュージアムショップ、カフェ、沖縄の自然・歴史・文化・美術に関する情報を収集・提供する情報センター、じかに手にとって観察し、楽しみながら沖縄の「自然のしくみ」や「先人の知恵」を学べる「ふれあい体験室」などがあります。

沖縄県立博物館・美術館 アプローチエリア 沖縄県立博物館・美術館 巨大スクリーン
写真左:博物館へのアプローチエリア。
写真右:1万8千年前の日本人のルーツと目される「港川人」と、その時代の生物の化石。

博物館へのアプローチは、足元に広がるサンゴ礁を見ながら、あたかも島に上陸するような趣向が施されています。
出迎えてくれるのは、正面のサークルホールに設置された大型ワイドスクリーンで、琉球列島の成り立ちと生物の進化をテーマとした臨場感溢れる映像が流れており、港川人とその時代の動物相の再現模型展示がリンクし見応えがあります。

沖縄県立博物館・美術館 ジオラマ 沖縄県立博物館・美術館 生物展示
写真左:「シマの自然とくらし」の大型ジオラマ。 写真右:沖縄の生物の模型や標本を膨大に展示。

総合展示では、各テーマに沿って、沖縄の豊かな自然と海からの恵み、そしてそこにくらした先人たちの歴史・文化をたどっていくことができます。
展示室中央に設けられた「シマの自然とくらし」のコーナーでは、大型ジオラマで広大な海域に散在する琉球列島の大小の島々を壮観することができ、情報端末機では、特徴ある自然・歴史・文化を持つ島々の情報や、人工衛星によって撮影された画像で、その島々を観察することもできます。
また、先人たちのくらしやグスクの成り立ちなどのジオラマもあり太古の世界に思いを馳せることができます。

沖縄県立博物館・美術館 土器・石器 沖縄県立博物館・美術館 琉球王朝時代の展示
写真左:先史時代の土器や石器など。 写真右:琉球王朝時代の歴史をわかりやすく展示。

沖縄県立博物館・美術館 進貢船 沖縄県立博物館・美術館 戦中戦後の暮らし
写真左:進貢船の模型をはじめ、歴史的に貴重な絵巻・美術品・生活用具などが並ぶ。
写真右:沖縄戦をはじめとする戦中・戦後の暮らしがわかる展示コーナー。

総合展示室の周囲には、それぞれ「生物が語る沖縄2億年」(自然史部門)、「沖縄考古学の世界」(考古部門)、「モノから読む歴史」(歴史部門)、「琉球の美」(美術工芸部門)、「沖縄の伝統とくらし」(民俗部門)の5つの部門展示室が設けられ、収蔵資料を活用しながら、テーマごとにより深く特化した形での展示が行われています。
オープン当初、ニュースでも取り上げられ話題になった港川人(1万8千年前の沖縄に暮らした原始人)の化石人骨は、自然史部門のコーナーに展示されています。

沖縄県立博物館・美術館 屋外展示 沖縄県立博物館・美術館 伝統的民家
写真左:中庭の屋外展示コーナー。 写真右:沖縄の伝統的民家を再現した展示。

博物館中庭の屋外展示では琉球の伝統的な高倉や民家が再現され、隣接する湧田窯展示棟には17世紀頃に沖縄窯業の中心を担った湧田窯が発掘されたままの状態で移設されています。

沖縄県立博物館・美術館 美術館入り口 沖縄県立博物館・美術館 美術館内部
写真左:美術館の入り口。写真右:美術館内部。

美術館では、沖縄及び沖縄県ゆかりの作家の近現代美術作品を中心にして日本及びアジア諸国、アメリカの現代美術作品が常設展示として公開されています。
収蔵品公開の機会を増やすことや作品を保護するという観点から年に3~4回の展示替えが行われることになっており、常設展示以外では各種イベントや企画展が随時開催される予定になっています。

沖縄県立博物館・美術館 県民ギャラリー 沖縄県立博物館・美術館 ふれあい体験室
写真左:沖縄の新進作家の作品を展示する県民ギャラリー。写真右:ふれあい体験室

歴史を重んじた外観とは対照的に、館内は現代的な創意を用いた良い構成になっています。
是非、沖縄の観光プランに組み入れてみてください。
徒歩圏内にはDFSギャラリア・沖縄もあります。

 →さらに詳しくはこちらへ
     ・「沖縄県立博物館・美術館」ホームページ

 

健康文化村 カルチャーリゾート フェストーネ
〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜3丁目28番1号 TEL:098-898-1212  FAX:098-898-1733
URL: http://festone.jp E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい
Copyright (c) 2006 Culture Resort Festone All Rights Reserved.